救急救命センターの激務すぎる職場から解放されたくて転職を決意

救急救命センターの激務すぎる職場から解放されたくて転職を決意

救急救命センターの激務すぎる職場から解放されたくて転職を決意

 

転職回数:はじめて
以前の勤務地:救急救命センター
転職後の勤務先:個人の内科

 

 

【義務感が優先される】救急救命センターでの仕事

救急救命センターでの仕事は、看護師としての責任感があり、収入的にも恵まれていました。その反面、忙しいという言葉以上の激務であり、仕事の義務感が優先されるため、ライフワークバランスは完全に崩壊していました。今は20代で体力もありますが、同じ救急救命センターで働く先輩の看護師が転職するケースが多く、この仕事を続けていけるのかは大きな疑問でした。

 

自分が自分でいられる職場

転職先は、個人経営の内科病院を選んだため、収入は少なくなりました。しかし、夜勤はもちろん早番や遅番もないため、ライフワークバランスの重要性を実感しています。そして、内科でも忙しいのですが、それは患者さんに対する病状や症状等の一次的な確認や、医師とのコミニケ−ションを含めたもので、看護師としての充実感を確実に実感できるものです。

 

自分と向き合うことから始まる仕事探し

看護師として忙しい仕事をしながら、転職をすることは本当に大変です。だからこそ、転職サイトを利用して、正確な求人情報を的確に集めることにしました。転職サイトには、基本的な勤務条件に加えて、求人を出している病院や医院の特徴等が明記されているため、勤務内容や職場の雰囲気も把握することができる大きなメリットがあります。つまり、時間の無い看護士は、しっかり転職サイトを活用するべきです。

 

私が利用した転職サイトをご紹介したいと思います。
【ナース人材バンク】実績の数で看護師の求人サイトを選ぶなら